角印の選び方

角印は、会社の権威を象徴する重要な印鑑ですので、素材をよく理解することが大切です

チタンチタンは人気の高い素材です。耐久性が高いため、頻繁に使用しても印影に変化が起きにくいというメリットがありますし、美しい光沢を放つクールでスタイリッシュな外観もビジネスパーソンの支持を集めています。しかも軽くて丈夫で、衝撃が多少加えられたとしても、印面が欠けたり曲がったりすることがありません。天然素材とは違い、乾燥や湿気にも強いため保管が簡単で、水洗いで朱肉汚れを落とせるのでいつもきれいな状態で保管できるのも大きな長所です。

高貴な香りが捺印する度に辺りに漂うことで知られるインド原産の香木である高級素材の白檀も、高価ではありますが人気の高い素材です。白檀は仏像の素材としても有名です。

耐久性が高く、色や模様のバリエーションが豊富な牛角も人気がある素材です。オランダ水牛の角がよく用いられます。1本の角から少ししか採取できない高級素材である黒水牛もよく選ばれます。

素材の他にも、サイズや書体も気に入ったものを選ぶことが可能です。角印の推奨サイズは18~24㎜です。篆書体、吉相体、古印体などの書体の人気が高いですが、複製が難しいものであればどの書体でも特に問題はないとは言え、書体によって印象や見やすさに違いが出ますので、よく比較検討するようにしましょう。


**関連記事**